突撃!アンコールワット・やっぱり年末年始は日本で過ごすべきかも編

 バンコクへ 


 12月21日の深夜にバンコクインして、24日に国境の町・アランヤプラテートからタクシーをシェアしてシェムリアップに入り、三日間滞在した。

 26日は一日だけアンコールワットの観光に出て、早めにゲストハウスに戻ってくると、ちょうどメイとミッシェルがプノンペンに発つところだった。I君はお互いのメールアドレスを交換していた。

 「アイルランドに是非一度来てください。来る時は必ず連絡してね」

 二人は僕にも口をそろえて言っていた。挨拶代わりの言葉だとしても、アイルランドに行く機会があれば連絡しようかなと本気で思った。

 翌日は僕たちもバンコクに戻るので、カオサンまでのバスチケットをゲストハウスで購入した。朝迎えに来て、国境でタイ側のバスとバトンタッチしてカオサンまでの行程が12ドル、所要時間は11時間程度とある。

 どんなバスか分からないが、安いのが魅力だ。前回もこの方法で戻ったから勝手は分かっているつもりであった。

 シェムリアップ最後の夜となった26日の夕食は、メモによると一人6ドルとあるが、どこで何を食べたのか思い出せない。(笑)
 金額的に少し贅沢をしたはずなのだが・・・。

 ともかく翌日の朝早めに起きてパッキングを済ませてゲストハウス前に出た。チェンラーゲストハウスの前は広く、バスが止まるスペースが十分ある。どんなバスが迎えに来るのかと思っていたら、なんてことはない、かなり年季の入ったマイクロバスだった。

 バックパックを後部の狭いスペースに押し込んで乗り込んだ。バスはあちこちのゲストハウスを回るので、座席は殆ど残っていなくて、僕は一人席を確保したが、I君は後部の欧米人たちの狭間に座る破目になった。

 あとでI君は欧米人のおしゃべりに辟易したと言っていた。どうしてこう欧米人はペチャクチャペチャクチャとめどなく喋り続けるのだろう。僕も時々うるさく感じたものだ。

 バスはシェムリアップの町をあとにした。もう訪れる機会はないだろう。(と今は思っていますが)

 見覚えのある道をバスはドンドン走り、シソポンの郊外で往路食事に立ち寄ったところとは違う小さなレストランで休憩を取った。そして一気に国境の町・ポイペトへ。

 マイクロバスを降りてカンボジアからの出国手続きを行うが、これが長蛇の列。なかなか進まず、僕とI君は他の旅行者にかなり遅れてタイ側に入ったため、次に乗るバスがどこに待機しているのか分からなくなってしまった。



Back TOP Index